2011年06月07日

ビジネス著作権検定を受検しました

6月5日、立教大学池袋キャンパスでビジネス著作権検定を受検してきました。

前日早稲田大学で研究会があったため、翌日の検定試験は東京会場である立教大学で受検することとしていました。

当日立教大学池袋キャンパスの門に来ると、本検定試験だけではなく、多数の検定試験の案内看板が立っていました。銀行業務検定、大学図書館実務能力検定、グリーンセイバー検定、薬学検定・・・少なくとも、これだけの検定試験の案内看板がありました。検定ビジネス花盛りといったところです(あとで、写真をアップします)。

その一方で、実務能力の「証明」に対する社会的ニーズが高まっていることがわかります。この背景には、大学進学率が急上昇して、大卒や有名大学の肩書きだけではその人の「能力」が推測しがたいうえ、科学技術の進展や経済・社会の変化が急激であるため、過去に習得した知識や技能が急速に陳腐化し、時代にあった知識や技能を有していることを「証明」しないと、人を雇えないという事情がありそうです。逆に、受検者から見ると、低成長の経済のもとで労働市場の需要が低迷し、就職や再就職、社内でのプロモーションに有利な立場を得るため、「能力の証明」がほしいというニーズもあるように思います。

ビジネス著作権検定[上級]を受検した私自身は、学生を指導するうえで、同検定試験を受検するよう勧める際に説得力ある発言が出来るようにすることが第一の目的で、自分自身の著作権の法律や実務に関する知識を再確認するということが第二の目的でした。

試験会場に座る人々は老若男女さまざまですが、30代が中心のように見えました。男女比は半々か、女性がやや多いといったところでしょうか。

検定試験の難易度は、実際に受検した印象では、それほどひどく難しいというものではありません。しっかりと著作権法について学校の授業で勉強して、そのうえで問題集を繰り返し勉強すれば、必ず受かると思います。ちなみに、私は日々の業務と研究が忙しくて、当日朝起きてから、会場に到着するまでで、公式問題集を通読しただけで受験しましたが、全問回答欄を埋めることができました。ただし、全問正解かどうかは不明です(笑)。

著作権を勉強している学生にとっては、ビジネス著作権検定を受験してみると、自分自身の法律や実務の理解度がかなりわかりそうな印象でした。興味がある学生は、ぜひ受験してみてください。
posted by otani at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 大谷の仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。